理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

イベント

 

[9月14日] 理研シンポジウム - Epigenetic Regulation through Chemicals & Metabolite Analogues -

[日時] 

2015年9月14日(月)

[時間] 

10:00-16:00

[概要] 

本シンポジウムでは「化合物と代謝物類縁体を介したエピジェネティクス制御」を副題として、生命科学分野(エピジェネティクス研究分野と代謝研究分野)に関する研究発表を行う。生体内の代謝経路研究は古くから研究されている分野であるが、近年、代謝回路を構成する代謝物に代謝回路以外の特異的な生理活性があることが報告されてきている。特に、化学修飾による生命情報を扱うエピジェネティクス研究分野では、多様な代謝物やその類縁体を介して、がんや生活習慣病の発症に関わることが示唆されてきている。本シンポジウムでは、当該分野で国際的に第一線の研究を進めている2名の研究者:Cheryl H. Arrowsmith博士(Structural Genomics Consortium & Univ. of Toronto)およびEric Verdin博士(Gladstone Institute of Virology & Immunology, UCSF)をご講演にお招きして、研究発表およびシンポジスト参加者との議論を行う。また、理研横浜地区および和光地区に所属する6名の研究者もエピジェネティクス制御・計算化学に関する研究や、創薬・医療技術基盤プログラムの研究体制などを発表し、シンポジスト参加者と討論する。以上により、本シンポジウムでは低分子化合物や代謝物類縁体を介した今後の創薬・医療応用について展望することを目的とする。

[プログラム] 

10:00 - 10:05 開会の挨拶
10:05 - 11:00 Cheryl H. Arrowsmith (Structural Genomics Consortium & Univ. of Toronto)
Open Access Chemical Probes of Chromatin Regulators 
11:05 - 12:00 Eric Verdin (Gladstone Institute of Virology & Immunology, UCSF)
Epigenetics and Metabolic Regulation
12:00 - 13:00 昼食
13:00 - 13:25 島津 忠広 (理研 眞貝細胞記憶研究室, 和光)
Exploring Nonhistone Methylation with a Selenium Based S-adenosyl-methionine Analogue
13:25 - 13:50 八代田 陽子 (理研 吉田化学遺伝学研究室, 和光)
A Novel Mechanism for Regulating Nitrogen Metabolism in Fission Yeast
13:50 - 14:15 本間 光貴 (理研 ライフサイエンス技術基盤研究センター 制御分子設計研究チーム, 横浜)
Development of Quantum Mechanics-based Affinity Prediction Method FMO-PBSA
14:15 - 14:35 休憩
14:35 - 15:00 仙石 徹 (理研 横山構造生物学研究室, 横浜)
Structural Studies of Chromatin Regulators and Modification-specific Antibodies
15:00 - 15:25 梅原 崇史 (理研 ライフサイエンス技術基盤研究センター エピジェネティクス制御研究ユニット, 横浜)
Structure-based Development of Inhibitors for Chromatin Modifiers
15:25 - 15:50 丹澤 和比古 (理研 創薬・医療技術基盤プログラム&ライフサイエンス技術基盤研究センター)
RIKEN Program for Drug Discovery and Medical Technology Platforms
15:50 - 16:00 閉会の挨拶
   

 

[言語] 

英語

[参加申し込み] 

事前申込は不要です。当日直接会場へお越し下さい。

[お問い合わせ] 

DSSBシンポジウム事務局

ライフサイエンス技術基盤研究センター 構造・合成生物学部門
〒230−0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel:045-503-9202