parent_trans

理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

イベント

 

[9月13日] 理研シンポジウム:網羅的転写開始点解析によるがん研究の最前線

[日時] 

2016年9月13日(火)=終了しました=

[時間] 

13:00 - 16:30(施設見学会 16:30 - 18:00)

[場所] 

[主催]  

 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 機能性ゲノム解析部門

[お知らせ] 

プログラムの内容を一部アップしました。

プログラムの各タイトルをクリックしてご覧ください

[概要] 

2016年9月13日に理研公開シンポジウム「網羅的転写開始点解析によるがん研究の最前線」を開催いたしました。
当日は100名を超す研究者が理研横浜研究所に集まり、国際コンソーシアムFANTOM5の成果やCAGE法について理解が深まりました。会場からは活発な議論もあり、盛会のうちに終了いたしました。

スクリーンショット 2016-10-04 14.44.29.png スクリーンショット 2016-10-04 14.47.08.png

当日のプレゼンテーションの一部を掲載しています。
下記プログラムの講演タイトルからご覧いただけます。

[プログラム] 

イントロダクション

13:00 - 13:20              

Transcription start site centered transcriptome profiling strategy
Piero Carninci (Division of Genomic Technologies, RIKEN Center for Life Science Technologies) 
 参考)http://fantom.gsc.riken.jp/ 

13:20 - 13:40 

CAGE って何? / Advantages of using CAGE
眞鍋 理一郎 (理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター機能性ゲノム解析部門)
Ri-ichiroh Manabe (Division of Genomic Technologies, RIKEN Center for Life Science Technologies)

13:40 - 14:00 

休憩

 第1部 がん研究の最前線

14:00 - 14:20 

CAGE 法による肺原発扁平上皮癌と腺癌の新規鑑別マーカーの同定 / Novel biomarkers to discriminate between
primary lung squamous cell carcinoma and adenocarcinoma identified by Cap Analysis of Gene Expression (CAGE)
高持 一矢 (順天堂大学 医学部 大学院医学研究科 呼吸器外科学)
Kazuya Takamochi (Department of General Thoracic Surgery, Juntendo University School of Medicine)

14:20 - 14:40

CAGE法を用いた子宮体癌におけるリンパ節転移予測マーカーの同定 / Identification of molecular markers associated with lymph node metastasis in uterine endometrial cancer
寺尾 泰久 / 吉田 惠美子:  (順天堂大学 医学部 大学院医学研究科 産婦人科学)

Yasuhisa Terao / Emiko Yoshida: (Department of Obstetrics and Gynecology, Faculty of Medicine, Juntendo University)

14:40 - 15:00 

 

CAGE解析が明らかにした長鎖・短鎖非コードRNAによるがんエピゲノム制御メカニズム /
CAGE analysis revealed novel epigenetic mechanisms controlled by short and long non-coding RNAs in cancer
井上  (東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム)
Satoshi Inoue (Research Team for Mechanism of Aging, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology)

(関連論文)

TET2 repression by androgen hormone regulates global hydroxymethylation status and prostate cancer progression.Takayama K, Misawa A, Suzuki T, Takagi K, Hayashizaki Y, Fujimura T, Homma Y, Takahashi S, Urano T, Inoue S.Nat Commun. 2015 Sep 25;6:8219. doi: 10.1038/ncomms9219. PMID: 26404510


Androgen-responsive long noncoding RNA CTBP1-AS promotes prostate cancer.Takayama K, Horie-Inoue K, Katayama S, Suzuki T, Tsutsumi S, Ikeda K, Urano T, Fujimura T, Takagi K, Takahashi S, Homma Y, Ouchi Y, Aburatani H, Hayashizaki Y, Inoue S.EMBO J. 2013 Jun 12;32(12):1665-80. doi: 10.1038/emboj.2013.99. Epub 2013 May 3.PMID: 23644382 

Integration of cap analysis of gene expression and chromatin immunoprecipitation analysis on array reveals genome-wide androgen receptor signaling in prostate cancer cells. Takayama K, Tsutsumi S, Katayama S, Okayama T, Horie-Inoue K, Ikeda K, Urano T, Kawazu C, Hasegawa A, Ikeo K, Gojyobori T, Ouchi Y, Hayashizaki Y, Aburatani H, Inoue S. Oncogene. 2011 Feb 3;30(5):619-30. doi: 10.1038/onc.2010.436. Epub 2010 Oct 4. PMID: 20890304

総説
The emerging role of noncoding RNA in prostate cancer progression and its implication on diagnosis and treatment. Takayama K, Inoue S.
Brief Funct Genomics. 2016 May;15(3):257-65. doi: 10.1093/bfgp/elv057. Epub 2015 Dec 17. PMID: 26685282

15:00 - 15:20 

 

CAGE as a tool for cancer research and biomarker discovery
Bogumil Kaczkowski (Division of Genomic Technologies, RIKEN Center for Life Science Technologies) 
[関連論文:Transcriptome Analysis of Recurrently Deregulated Genes across Multiple Cancers IdentifiesNew Pan-Cancer  Biomarkers]

15:20 - 15:40

休憩

 2部 最近の話題

15:40 - 16:00

FANTOM6: Functional Classification of long non-coding RNA
Jay Woo Shin (Division of Genomic Technologies, RIKEN Center for Life Science Technologies)

16:00 - 16:20

C1 CAGE: 一細胞レベルでのCAGE 解析 / C1 CAGE: Revealing gene regulation changes at single cell resolution
河野  (理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター機能性ゲノム解析部門)
Tsukasa Kouno (Division of Genomic Technologies, RIKEN Center for Life Science Technologies)
参考:https://jp.fluidigm.com/c1openapp/scripthub/script/2015-07/c1-cage-1436761405138-3

 クロージング

16:20 - 16:30

眞鍋理一郎 (理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター機能性ゲノム解析部門)
Ri-ichiroh Manabe (Division of Genomic Technologies, RIKEN Center for Life Science Technologies) 

 施設見学会  

 

16:30 - 18:00

 

施設見学会(南研究棟)

  

[個人情報に関する取扱について] 

ご記入いただいた個人情報は,参加者の集計および主催者からの連絡に利用させていただきます。